読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

150BPM

ものすごいサブカルですが、あまり気付かれません。

釣崎清隆「原子力戦争の犬たち/福島第一原発戦記」出版記念トークライブレポ。

f:id:pecotaranta:20170314113256j:image

行ってきました。阿佐ヶ谷ロフトA。

著者本人が「炎上しろ」とつぶやいた死体写真家 釣崎清隆の新著「原子力戦争の犬たち 福島第一原発記」の出版記念トークライブ。

平野御大もいらしてた。 
f:id:pecotaranta:20170314113941j:image

一発目のゲストは、アイカワタケシ!

見沢さんファンとしては「極悪シリーズ」でお世話になったなあ。 

お察しの通り、いつものごとく一番前しか空いてなくて、恥ずかしながら陣取りました。

 

表紙の原画を持ってきてて、一番前の特権としてガッツリ見た。

アイカワタケシ「製作時間が1週間くらいしか無いって言ってるのに、修正かけくるわラフ画寄越してくるわ大変だったw」

っていうエピソードがとても良かったですw

作家が装丁にラフ送るとかやべぇww
f:id:pecotaranta:20170314113348j:image

 そして後半戦。ピスケン、ケロッピー前田石丸元章が登壇し、そして釣さんという「これ、いつの時代だよ!」って錯乱するレベル。

 

 ピスケン「ドライブ感がすごい。久々のドライブ感。世の中全然ドライブしてないじゃない。これは最高傑作」
って言ったら釣さんが小声で「嬉しいなあ」なんて。

そんなやりとり見てたら泣けてきた。

 

最後に釣さんが「原発で作業している彼らの名誉を誰が検証するんだ、というところをフォローしたいと思った。」で、シメ。


f:id:pecotaranta:20170314113414j:image

混む前に、ってサインしてくれたけど、なんか未来の日付を書いてくれたみたい。


f:id:pecotaranta:20170314113739j:image

 ピス、シェルビスありがとう。

大事にする。

 

 という訳で、こちらの書籍で読書会開催予定です。

お求めはこちらから。 

原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記 ([テキスト])

原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記 ([テキスト])