読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

150BPM

ものすごいサブカルですが、あまり気付かれません。

ハッピーセントパー!

f:id:pecotaranta:20170317021814j:plain

(去年のセントパトリックデーでのワイ)

年に一度のワイの守護聖人(え?)の日「セントパトリックデー」が来ました。

今年は東京で最大級のセントパトリックデーの催しがあるようですが、ワイは欠席。

死。(代わりに品川区の六行会ホールでお待ちしております)

www.inj.or.jp

セントパトリック(St Patrick)っつーのはアイルランドキリスト教を広めた人だから、アイルランドのシンボル「シャムロック(クローバー)」の色の緑がテーマカラー的な。

以下セントパトリック#とは。

 

英国のウェールズで生まれる

16歳の時アイルランドの海賊に拉致られて奴隷として売られる

羊飼いとして働いてると「神の声」をきく

↓(歩いて300km脱走)

故郷(ウェールズ)に帰り、更にヨーロッパで神学を学ぶ

拉致ったアイルランドの人たちを回心させる使命に燃える

アイルランド守護聖人となる(命日が3月17日)

 

お察しの通り、えげつない人ですわ。 

f:id:pecotaranta:20170317025212j:plain

(ちなみに右のゴシックな建物がセントパトリックチャーチ)

この話、長くなるんすけど(いつも長い)。

ワイ、カトリックで育ってんだけど、マッマから「あなたの”拠り所”を見つけなさい」ということであてがわれたのが、ニューヨークの「セントパトリック教会(St. Patrick's Cathedral - New York, NY)」だったというわけ。

この時15歳だったけど、初めて連れてってもらったセントパトリックはホーリーで感激した。

そこでマッマに十字架のペンダント買って貰って、ずうううううううううっと御守りに付けてた。(今はマッマから貰ったネックレスつけてるけど)

マッマ的には「どーせこの子海外行き来するだろうし、少し遠いくらいがちょうどいい」みたいな感じだろうけど。

その後NYにいく度に必ず寄るようにした。(失恋したばっかで泣きながら時間を過ごしたりなど)

もちろん、片隅には告解するBOXもあるよ。

 

兎に角中の雰囲気がグンバツなので、もしNYに行くことがあれば一度足を運んでみると◎

 

この後パリに行った時に「マドレーヌ寺院」に感激したけど、マッマは別になにも言わなかったから、やっぱりセントパトリックにしたかったんだと思う。

ノートルダム寺院は、なんかダメだった…)

f:id:pecotaranta:20170317025323j:plain

余談ですが、チャリがとまってるところがワイがバイトしてたギャラリーがあった場所。(今はクイーンズかどっかに移転)

場所はNOB NYの向かい。トライベッカ。フランクリンとハドソンのとこ。

ここ、今考えるとすげーダウンタウンで、よくもまぁ多感な時期にこんな場所に居たもんだ、と大人になってわかるやつや。

(いいことも悪いこともぜーんぶ教えてくれるのがNYだね☆)

 

あーあ。ODEONのオニオングラタンスープとかデューンレードのデカいグラノーラヨーグルト(バニラ味)とか食いてーなー!