150BPM

ものすごいサブカルですが、あまり気付かれません。

叔父、有川博のこと。(没後10年を偲んで)

今年の10月16日で、だいすきだった叔父が亡くなって丁度10年が経つ。

(「おじさん、今日も華麗に斬られてたよ!」って言ってくれたみんな、ありがとう)

有川博 - Wikipedia

叔父は俳優の有川博。享年70歳。

小さい頃叔父が教えてくれたのは市民プールでの「クロール」だった。

プールサイドから、良い声でわたしに息継ぎのタイミングの合図を送ってくれた。

床に絵本を置いて、ていねいに絵本の読み聞かせをしてくれた。

www.youtube.com

「おじさんが出るから」って時代劇を見れば終盤で斬られ、見るたびによく泣いていた。

風雲ライオン丸」のライオン丸の兄をやっても、見事に斬られる。

石原プロの「西部警察」では犯人役でショットガンを撃つ。

 

「おじさんが有名な人」というのは思春期を迎えると余計に恥ずかしくて、人に言わなかった。

テレビをつければ叔父がロードオブザリングの吹き替えをやっており、いつでも活躍を知ることが出来た。

 

そこで舞台の演出を志してた友人にそれを伝えたら、ものすごく驚かれたし「観に行くべき」と叱咤された。

勇気を振り絞って叔父が出てる蜷川幸雄演出の「あわれ彼女は娼婦」(2006)を観に行った。

まあ親族あるあるなんだけど、色々モメた後だったから、この頃には疎遠になってしまっていた。

f:id:pecotaranta:20211016131742j:image

(三上博はいまでもだいすき)

当時渋谷にこのポスターがたくさん貼られていて衝撃だったから、まさかこれに叔父が出てるとは思ってもみなかった。

ja.wikipedia.org

このお話は英国の兄妹の近親相姦の話(原作も最高に良い)で、叔父はドナードの役だった。

この時に少し会うことが出来たんだけど、「ああ、大きくなって」とテレビで聞く声で迎えてくれた。

文化学院に進学したことを一族で1番喜んでくれた。

そして、舞台の本を2つほど書いたことを本当に喜んでくれた。

シェイクスピアの作品をたくさん演じた叔父だったけど、やはりこういう悲劇が似合う。

もちろん、わたしと叔父以外の親戚がモメてたので、この日のことは親には言えなかった。

 

叔父が亡くなったのを知ったのは、当時勤めていた会社に届いた新聞の記事だった。

凄く驚いたし、もっともっとたくさんの作品に携わって欲しかった。

f:id:pecotaranta:20211018165929j:image

お墓にはすでにお花が供えてあったから、多分親戚が来てたんだと思う。

会いたかったなあ。

幼い頃たくさん遊んでくれた、美しい従妹の兄弟はどうなってるんだろう。

その親戚兄弟がラグビーをやってたから、わたしは今でもラグビーがだいすき。

宇宙関係の企業に就職していった兄の方が、神戸のうちに来てくれた時、幼いわたしに英語で太陽系の惑星を教えてくれた。

パパの車で出かける時には、いつもわたしのことを膝にのせてくれた兄弟。(当時はチャイルドシートを設置するための法律が出来る前だったから)

疎遠になって久しくなるけど、お元気ですか。って感じ。

 

お墓っていうのは、そこにかつての人が眠ってると思うと拠り所になるよね。

ビンラディンを艦艇の上から水葬したのは、お墓を作ってしまうとそこが聖地になるかもしれないっていう懸念があったのを聞いたときは「なるほど」と思った。
f:id:pecotaranta:20211018165932j:image

突然実家から送られてきた、叔父が「雲」時代の「ロミオとジュリエット」のパンフレットをお供え。

f:id:pecotaranta:20211018165923j:image

もちろん主役のロミオを演じた叔父は、いつ見てもいつの時代もハンサム。

わたしの本業であるコイン業界に、学生時代に演劇をやってたという方がいて、叔父のことを知っていてくださった。

10年ほどの間に何度もお仕事で顔を合わせることがあったんだけど、そういう話ってしないよね。

まさかコインショーの会場で叔父の話をするなんて、って感じ。

教養って大事。

f:id:pecotaranta:20211018165926j:image

下北沢一番街のお花屋さん「mellow flower」さんに叔父のことを伝えて、素敵なお花をこしらえてもらった。

「うちは菊はねーぞ」というメロ山だけど、菊の花を選ばないで良いのならその方がいいなって。

 

そして叔父が亡くなった時期は、毎年ディズニーランドのホーンテッドマンションがナイトメアとコラボしてて、そのナレーションが叔父の声なのでいつも思い出す。

YouTubeで「ホリデーナイトメア ライドスルー」って検索すると出てくるから、聞いてみてね。)

 

幼いわたしに教養を与えてくれて、ありがとう。いつまでもわすれない。

ネットフリックスでみたモン(ドキュメント)

(ネタバレ有りだから、ヤな人はブラウザバックね!)

コロナ禍になってから、Netflixに登録した。

会社を辞めてから更に時間が出来たから、お料理とかお掃除とかしながらダラダラ流したりしてる。

という訳で、最近みたもんをメモしとくね。

偏ったワイの脳内と趣味が少しわかるかも。(アマプラでみたモンは、また今度ね)

今回はドキュメント。

特にわたしみたいなゼロ世代はBURST(この話もまた今度ね)系サブカルのど真ん中だから、余計に偏っちゃうよね。

YouTubeの動画は英語が多いけど、ごめんね。


www.youtube.com

「ナイト・ストーカー: シリアルキラー捜査録」

何が怖いって、シリアルキラーなのに殺してる人達に脈絡が無いところ。

ドラマもやってるし、元の事件のことを知りたいなって思って見た。

刑事さんたちの想いとか、その時のアメリカの狂気とかわかってすごくよかった。

アメリカとかってこういうシリアルキラーにすぐ名前つけたがるよね。


www.youtube.com

「サムの息子たち: 狂気、その先の闇へ」

たまたまだけど、「ナイト・ストーカー」を見てからの方が良いと思う。

アメリカの刑事ドラマなんかを見てると「サムの息子法」って結構聞くけど、そのもとになった事件。

サムの息子法(サムのむすこほう、Son of Sam law)は、犯罪者が自らの事件の暴露で得た収入は被害者救済に充てなければならないとする法律。

ウィキペディアWikipedia)』より抜粋

 

ちなみに、ニューヨークには死刑が無いので今でも服役してるって。怖。


www.youtube.com

「事件現場から: セシルホテル失踪事件」

「セシルホテル失踪事件」って言うとピンと来なかったけど、エリサ・ラムの失踪事件っていうと「アレか!」って思い出した。

ワイがニューヨークに行ったり来たりしてた頃はすでに都市伝説になってて、女の子はバックパックで一人で安宿に泊まっちゃいけない教訓になった。

このエレベーターの動画とかもめっちゃ怖い動画として認識してたけど、ロジカルな解説を見ると何も怖くない。

しかもラストは悲劇的。それも良い。

未解決なものを未解決として置いておくのも良いけど、こうやって新しいメディアの出現によって新事実が出てくるのも時代の進化を感じる。


www.youtube.com

「ワイルド・ワイルド・カントリー」

アメリカではある程度の世代の人達に「バグワンて知っとる?」って聞いたら「あーね」ってなるっぽい。

インドのプネー発の教祖様。

アメリカに楽園を作るべく移住して、

今でもバグワンの思想は受け継がれていて、ヨガセンターみたいなのもたくさんある。

調べたら日本にもあった。

しかも最後の方には「Osho(和尚)」って呼ばれてて、マジかよってなる。

またヨガを習いたいなあ。

人の思想って、いろいろだなあ。


www.youtube.com

「世界の“現実”旅行 (Dark Tourist)」

これはニュージーランドのジャーナリストDavid Farrierが世界各地のダークツーリズムを周る話。

日本が舞台の話もあって、「富士の樹海」とか「福島の原発ツアー」が紹介されるのは多少なりとも複雑だったりする。

「樹海」っていうのが英語でも「Jyukai」って言ってて、「Oh...」ってなった。

他にもコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルの足跡をたどるツアーや、アフリカのヴードゥーのお話とかとても良き。

ただ、「こいつマジでプロなのか?」っていう質問をしたりするから多少イライラするけど、それもまあ「リアル」ってことなのかなあ。って。

しかも、めちゃくちゃに怖い現場とか「ヤだ」とか言ってリタイアする。

そこにもイライラするけど、今の時代こんなもんなんだろうなあって。

あと、吹き替えが「え?」ってなるくらい素人感があるんだけど、あれナニ?

f:id:pecotaranta:20210911022009j:image

「ダークツーリズム」という言葉を最初に聞いたのは、首里城が燃えた時。

沖縄に移住した銀座時代のダンサーの先輩から聞いた。

焼け落ちた首里城を見に行くことについて少し後ろめたい気持ちがあったんだけど、「それも悪くない」って言ってて、この人は開かれた考えを持ってて安心するなって思った。

もちろんその後、すぐに首里城の焼け跡を見に行った。

写真は2019年の年末。焼け落ちた2か月後。雨が降ってたのが、余計に哀しかった。

年末にも関わらず「内閣府」っていうブルゾンを着た人が現調に来てて、心の中で「お疲れ様です」って言った。

f:id:pecotaranta:20210911022044j:image

これは2020年の7月。

この頃は少しずつお片付けやら整備が進んでいて、ある程度中まで入れるようになってた。

たまたま沖縄に用事があって帰ってきた翌日の朝、友達からの連絡で目が覚めてテレビをつけたら首里城が燃えてた。

首里城が燃えてる」

こんなことが起きるなんて思わなかった。県民の心の拠り所が失われたと思った。

正殿手前右側にあった「鎖の間(さすのま)」では軽いお茶が出来るようになってて、琉球王朝の伝統的なお菓子と香りの良いさんぴん茶を頂く時間が至高だった。

そんな場所は失われてしまったけど、思い出は残ったから忘れないようにしなきゃね。

「美しいもの」と「ダンス」と「顔がいい人」を全部見たかったから、宝塚に行ってきた話。

f:id:pecotaranta:20210813002614j:image

宝塚歌劇」を見に、宝塚へひとっ飛びしてきました。

宝塚歌劇公式ホームページ

そう、「ヅカ」こと「宝塚」。

宝塚の大劇場のことを、何故か「ムラ」って呼んだりする。

地元が神戸ってこともあって、昔から慣れ親しんできたものではあったけど、東京に来てから一度も見てなかった。

というのも、東京の大劇場のチケットは争奪戦で、取れた試しがない。

「お盆だし、帰省ということで」という気持ちで飛行機を取った。

f:id:pecotaranta:20210813003527j:image

雪組公演 『CITY HUNTER』『Fire Fever!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

ちなみに演目は、シティーハンター

「マ?よくわかんねえ!w」「あの曲」もやるのかな??海坊主はどうすんの??なんて思いながら挑んだ。

そんな中、ちょうど「宝塚スカイステージ」っていう宝塚歌劇専門チャンネルが年に何回か1週間くらい無料で垂れ流してくれる期間だったから、予習が出来た。

www.hankyu-hotel.com

せっかくだから、ってことで大劇場からすぐの宝塚ホテルにお泊まりした。

ここも予約がなかなか取れないんじゃないかと思ったら、すんなり取れた。

この頃、西日本はものすごい豪雨で「梅雨の再来」って言われてた。

f:id:pecotaranta:20210813003826j:plain

きれいになった宝塚ホテルの中はきらきらしてて「ああ。もうここから夢が始まってるんだな」っていう気持ちにさせてくれる。

お部屋は天井が高いし、トイレもきらきらかわいい。

お風呂のアメニティはローラアシュレイでいい匂いがする。 

f:id:pecotaranta:20210813002938j:image

小腹が減ったので、フードコートでランチ。

大劇場の公演のテーマに合わせた「公演プレート」っていうのが毎回楽しみなんだけど、今回は100tハンマーのロールキャベツのプレートがあったから頂いた。

値段も1,300円(込)って感じで良心的だし、おいしかった。

f:id:pecotaranta:20210813002656j:image

清く正しく美しく大劇場へ。

ほんとは前に「朗らかに」がつくんだって。

f:id:pecotaranta:20210813003021j:image

YouTubeで大劇場の入りの動画を見ててほんとにびっくりしたんだけど、たまたま香港で買ったエコバッグを推しの朝美絢クンがお持ちになってるという偶然。

(ちなみにMarks&Spencerのもの)

オペラグラスで見ながら、顔がいい推しを見るたびに「ウッッッ」て声が漏れてしまった。

朝美絢クンとは、絶対2回は目が合ったね!!絶対!!


www.youtube.com

ちょろっと動画が公開されたので、是非見てほしい。

1:29あたりから「あの曲」こと「Get Wild」もちらり聞ける。

本番では暗転して彩風さんがソロで美しく歌い上げる見られて大満足。

しかも生オケ!

tabelog.com

観劇帰りに滑り込んだ「パスタ」さんで憧れの「ホワピ」と「豚ピ」を食べてきた。

兵庫県も絶賛「まん防」の真っ只中だったから、ダッシュで向かって良かった。

もう食べるものは決めてたのに、メニュー見たりして。

f:id:pecotaranta:20210813003736j:image

レシート見たら本当に「ホワピ」と「豚ピ」って書いてあって興奮した。

(ネイルがグリーンなのは、雪組さんの色がグリーンだから)

f:id:pecotaranta:20210813003151j:image

これは「豚ピ」。豚肉と高菜のピラフ。

予習してきた通り、めちゃくちゃ量が多かった。

お店中に宝塚のいろんなものが貼ってあって、眼福。

スターのサインが書いてあるんだけど、どうやったらポスターにサインを貰えるんだよ!!ってなるよね。

f:id:pecotaranta:20210813003711j:image

うちのオランダ人が頼んだ「ホワピ」もおいしかった◎

バターの風味がしっかりしてるピラフに、ホワイトソースがかかってる。

これは歴代のトップスターも愛した味、というわけで感慨深かった。

今度はイカとかタラコとか乗ってるパスタかピラフを食べたい!!

f:id:pecotaranta:20210813002739j:image

ホテルでは「宝塚スカイステージ」が見放題。

寝るまで朝美絢クンを見ることができるんだぜ。

Wi-Fi完備のホテルだから、広めの湯舟に浸かって宝塚の動画を漁りまくった。

f:id:pecotaranta:20210813002900j:image

本当の推しは礼真琴クンなんだけど、チケットが全然取れない。

こちらは宝塚ホテルの中の一階にある、それぞれの組のお写真。

f:id:pecotaranta:20210820140519j:image

翌日改めて写真を撮りに行くヅカヲタ。

三日間ほぼ土砂降りだった。

いつか写真撮影の人が途切れるだろう……って思ってたら全然人の流れが途切れなかったから、意を決して撮った。

ところで礼真琴クンの「柳生忍法帖」って、チケット取れるのかしら……。

トップ就任してから一度も礼真琴クンを見れてないから、そろそろしぬかもしれない。
f:id:pecotaranta:20210820140525j:image

地図にも載ってる「ベルばらの像」を拝んだ。
マジで意外に小さくってびっくり。

スターが出入りする大劇場の出入り口のすぐ近くにあった。

オスカル・フェルゼン・マリーアントワネットという風にそれぞれ名前がついてるバラが植えてある。

f:id:pecotaranta:20210820140522j:image

ちょうどこの前日にテレビで見た「旧校舎」の階段も見ることが出来た。

予科生は右端を歩かなくちゃいけないから、すり減ってるっていう例の階段。

2年制の「宝塚音楽学校」は1年生を「予科生(よかせい)」2年生を「本科生(ほんかせい)」って呼ぶ。

あとは下級生・上級生って呼んだりもする。

f:id:pecotaranta:20210820140515j:image

今でも大好きなのが七海ひろきクンこと「ひろきのお兄様」なんだけど、校舎の階段の壁に過去の公演のポスターが貼ってあったから拝むことが出来た。

尊い……。しかも大好きな「銀河英雄伝説」の時のポスター……。


www.youtube.com

ひろきのお兄様は今やってるアニメの「かげきしょうじょ!!」の里見星様の声もやってるので、みんなも欠かさず見ような。

「男役スターの」ってお兄様が言ってることが号泣モンなので、一度見てほしい!!

kageki-anime.com

「宝塚の入門書」といわれてるこちらのアニメはアマプラでも見れるので、今からでも遅くないから是非見てほしい。


www.youtube.com

最高のED曲の作詞・作曲・編曲に斉藤恒芳さんは、実際に宝塚歌劇団の各組で音楽を手掛けた方だそうで、納得。

 

ものすごい豪雨だったけど、行ってよかった。

ちなみに、行き帰りのタイミングでPCR検査をしたら、陰性でした。

大人のエチケット。

みんなも、推しは推せる時に推そうな!

「あの会社」の顧問に就任致しました、というご報告とこの前のウナライオンの話。

f:id:pecotaranta:20210902215057j:image

9/2に「退職しました」という旨の記事をUPしましたが、9/3付で株式会社アンティークコインギャラリアの顧問に就任致しました。

Yeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy!!!!!!!

今まで通りアンティークコイン業界には残るので、ご安心ください!!!!!!

一部、実際にお会いした方にはすでにご報告してましたが、ついに退職のタイミングが来たのでこの時期のご報告になりました。

前職と違って身軽になったので、国内外いつでもどこでも飛んでいきますよー!って。

 

心配して頂いたみなさま。ありがとうございました。

一通りベッコベコにヘコんだので、もう大丈夫です。マジで。

antique-coin-galleria.com

ひょんなことからこちらの代表にお声かけ頂いて、そのご縁でアンティークコインギャラリアさんをお手伝いすることになりました。

老舗の古銭屋→大手と渡り歩いた結果、イケイケなベンチャーが今の自分の役割を果たせるところなんじゃないかと思ったんすわ。

周りに「イケイケドンドンなベンチャー企業の経営者」とか「スタートアップのエンジェル投資家」が居て、「ベンチャーかァ……」と思ってたってこともある。

サイトを見てみると、一見モダンコインのハイグレードばかり扱ってる印象だけど、他にもマスターピースと言えるくらいのハイエンドなダカット金貨も扱ってるところに魅力がある会社。

何よりも、コインのお仕事を始めたきっかけはどうであれ「コインを愛している」という気持ちが伝わってくるというのも大きな理由。

f:id:pecotaranta:20210901002613j:plain

もしかしたらピンときてないかもしれないけど、そう、この前のHeritage Auctionsでウナライオンのワールドレコードを叩き出した「あの会社」です。

日本円で約1億5840万円!やったー!

通関の際の輸入消費税を考えると約1億7400万円!

怖い!金額が怖い!

coins.ha.com

そしてHeritage Auctionsのサイトではトップページにハイライトとして掲載されてます。

(ログインしないとデータ見れないけど)

ていうかさ、ウナライオンバブル止まらないよね。

去年8,000万→1億という値上がりにめちゃくちゃびっくりしたのに、まさか1億5000万なんて、誰が予想出来たのかしら……。


www.youtube.com

入札当日はリアルタイムでYouTubeの配信をみんなで応援した。

こんな会社に携わることが出来て、うれしいっす。マジで。

動画を見て貰ったらわかるけど、「ああ、あの人か!」って感じだと思う。

アナログな業界なのに、こうやってガンガン動画を上げて続けてることはすごいよなあ。

(いつも編集お疲れ様です)

prtimes.jp

興奮が伝わってくる、代表渾身のPR Timesの記事も是非ご一読くださいませ。

この会社に誘ってくれた代表に伝えたいことは「またわたしに自信を持たせてくれてありがとう」という気持ちです。

(今度あったら言おうっと!)

 

こちらの会社にはわたしから「セクハラを受けた」とか「パワハラを受けた」なんて言うような年下男子も居ないので、みなさまご安心を!!

(ほら!!!ここ笑うところだからね!!!)

という訳で、これからも引き続きご贔屓に◎

会社を辞めた。という話。

 f:id:pecotaranta:20210713023714j:image

本日、9/2付で会社を辞めた。というメモ。

ウソをついたり隠したりしても仕方ないので、記録がてら事の経緯を。

信じられないことが起きた。

6月半ばから7月にかけてのたった2週間の出来事は、人生で一番つらい時間だった。

という訳で、InstagramTwitterも要らないものは全部捨てた。


「その日」は突然来た。

わたしが後輩にパワハラとセクハラをしてるってことになってるらしい。

もうそんな人が隣にいるところでは恐ろしくて気持ち悪くて働けないから、5年勤めた会社を辞めた。

結局何がきっかけでこんなことになったのか、どんな目的でそんなことを言ったのかもわからないし、せいぜい頑張って売り上げを上げ続けてねって感じ。

 

でも、突然のことでショックで気を病んだ。会社を何日も休んだ。

 

後輩の子とのいきさつを知ってる人たちから、SNSを通じてたくさんメッセージをもらった。

「れーこは間違ってないよ」って慰めてくれた。

「殺されなくて良かった」って何人もの人に言われて我に返った。

もともと後輩の子がおかしなことをたくさん言ってくる人なのは、周りもわかってた。

うちの前の花屋は、いつその子がうちまで来るかわからないからって目を光らせてくれたらしい。

しかも落ち込んでる間じゅう、ランチに連れ出してくれて、一日中相手をしてくれたから助かった。

(メロ山ほんとうにありがとう。これからもよろしくだよ。)

 

身の保身のために、すぐに弁護士に相談した。

今すぐ物理的に距離を取ることをすすめられた。 

f:id:pecotaranta:20210713141640j:image

clubhouseでライターの方に助けを求めたら、代々木にある素敵なクリニックを紹介してもらった。初診でいきなり、人生で初めての「診断書」が出た。

急性ストレス反応」って書いてあった。

抑うつ」とかじゃなくて良かったと思った。

少し休んでる間に、たくさんの友達に相談した。

これはもらい事故だから、避けられなかったって言ってくれた。

f:id:pecotaranta:20210713023414j:plain

ドクターが「お散歩をすることは大事ですよ」って言ってたから、御朱印を貰うついでに明治神宮まで歩いて帰った。

平日の日中にこんな場所を歩くのなんて何年振りだろうって思いながら、新緑が美しい境内を歩いた。

御朱印をもらってベンチで一休みしながら、もしかして今まで「一休み」ってしたこと無かったんじゃないかと思った。

みんなが「休め」って言ってくれることの意味が、ようやくわかった日だった。

軽い抗不安薬が処方されて、「ああ、これはもう会社に居られない」と強く思った。

f:id:pecotaranta:20210713141827j:image

 いつも一緒に飲むこの人↑は本当に顔がタイプなんだけど、「(後輩が)顔で採用したってわたしが言ったって言うんだけど」って話したら「ありえないwお前、面食いやんけw」って笑い飛ばしてくれた。

ってことは、やっぱり後輩の子はイケメンじゃなかったってことだよね!!ほら!!やっぱり!!

見た目がキレイって言ったのは認めるけど、それはトータルバランスの「雰囲気」であって、「顔面が良いという意味では無い」からマジで顔で採用してないし、むしろ全然タイプじゃない……。

(あ、こいつにもし誰か「イケメン」だなんて言ったら一生調子乗るよな、って瞬時に思ってあえて言わないようにしてたというのもある)

 

会社の人は今回の一件でみんな気持ち悪がってたし、怒ってた。

香港で一緒に働いたやつは、辞めたことを本当に寂しがってくれた。

置いていくことを、少し悔やんだ。

香港で一緒に働いた2年間は、一生忘れない。

 

ボスは、わたしが苦しんでたことに気付かなかったことを謝ってくれた。

10年以上、友人を続けてくれて感謝してる。

会社の体制も変わって仕事がしづらくなってたのは事実だから、辞めどきってことで。

コインの仕事が嫌いになったわけじゃない。

 

上の人たちからの聴取で、彼の言ってることの事実確認をした。

後輩の言い分は主に「わたしが彼のことが好きですきでたまらない」という前提で、妄想と現実がわからなくなってる感じで、本当に怖かった。

わたし、顔がよくて仕事が出来る人しか好きにならないんだけどなあ。

証拠を色々見せながら話したけど、彼の言い分とどんどん乖離するばかりだった。

一番衝撃だったのは、わたしがコインの鑑定が出来ないって言ってること。

業者にその話をしたら、みんなめちゃくちゃ怒ってた。

誰に向かって言ってるんだ、って。恐ろしい。とりあえず会う人には「わたしコインの鑑定が出来ないって言われたんだけど、どう思いますかね」って聞くことにした。

f:id:pecotaranta:20210713023451j:image

後輩の子いわく「客先とのトラブルが絶えない」という、その客先リストの中に名前があった方と会って、全部話した。

やっぱり怒ってた。

 

鑑定が出来ないうんぬんという話をしたら、スラブに入れる時のハイグレードが付くかどうかという判断力はさすがだって言ってくれた人もいた。

外国のディーラーに辞める話をしたら「It's a BAD news.」って言ってくれた。

それだけで、この5年お仕事をしてきてことは何一つ間違ってなかったんだ、と思えた。

f:id:pecotaranta:20210713141718j:image

「オークション会場で恫喝した」って言ってたって、オークション会社の人に言ったら「そんなことないって、いつでも証言してあげるよ」て言ってくれた。

しかも、「あんなヤバいスーツの彼のことを、れーこちゃんが好きになるわけないじゃない!」って大爆笑してた。

おいしいごはんを食べながら、文学の話をして英気を養った。

大人は見てるし、わたしの隣に居るからdisられなかったことを、知らないんだろうなあ。

 

催事をドタキャンしたのもあって、心配して電話をくれた人たちには本当のことを話した。

わたしだって、ちょっとだけプライドがある。

名誉を、毀損された。許さない。

一応メモとか証拠を残してるから、何かあったらすぐにまた弁護士に相談するつもり。

 

何が気持ち悪いって、わたしのSNSは見てないってはっきり言ってたはずなのに、スクショをたくさん提出していたこと。

わたしがTwitterに会社の在庫を載せてた、と。

そんなことあったかな、って思ったけど、もうめんどくさいから言及しなかった。

Twitter(とか、このブログ)って、記録っつーか掃きだめみたいなモンだから、そんなのに一喜一憂してるとしたら、ヤバいよね。

相談したり仕事のこと話したりする友達いないのかな。

しかも、彼のことをフォローしてないのに、ブロックされてた。

意味がわかんない。気持ち悪い。

後輩の子が会社の在庫を適正価格より下の価格で手に入れてブログに載せてることを、会社は知ってるのかしら。

そっちの方がよっぽど問題だと思うけど。

f:id:pecotaranta:20210415083914j:plain
f:id:pecotaranta:20210415083918j:plain

いやはやしかし、後学のために持ってきてたわたしの自分のコレクションの秋田の銀判を、会社の在庫のコンテナに何回もいれた奴が良く言うよな。

手グセが悪いことも上司に伝えておいた。

まわりの人には「本当に気を付けてくださいね」って念を押しといた。

懇切丁寧にスキルを手渡してきた人に向かって、こんな仕打ちをするなんて正気じゃない。

今までわたしが庇ってきたミスのこととか、お客様からの文句とか、他にも色々手配してあげたこととか、人の想いを何だと思ってるんだろう。

多分、何とも思ってないんだろうな。

わたしが何かしてあげたことも、全て自分で切り開いたと思ってるかもしれない。

でも「見え透いた嘘」は全部バレてるし、そのうちメッキが剥がされるかもしれないけど自業自得だよねって。

っていうか、みんなもあの人には本当に気を付けてね。

f:id:pecotaranta:20210713023548j:image

Facebookに会社を辞めたことを書いたら、イツメンがソッコー電話をくれた。

会社を去った翌日、わたしを食事に誘ってくれて「大変だったなあ」って労ってくれた。すごくうれしかった。

人生には、色々あるからって。

わたしのことを元気づけようとしてくれた気持ちが、素直にうれしかった。

顔が良い推しに「例の子のことを顔で採用したって言われたんですけど、一度もイケメンだって言ったことは無いし、あなたみたいな人のことを顔がいいって言うんですよ」って酔っぱらって言ったら、笑ってくれた。

本当に顔がいい人にしか「顔がいい」って言わないんだから。まったく。

f:id:pecotaranta:20210713023839j:image

みんなが話を聞いてくれてアドバイスをくれたおかげで、落ち込むこともなくなった。

お仕事の話も出来る様になった。

もっと前向きにならなくちゃいけないなあって思えた。

Taking a new step, uttering a new word, is what people fear mostって、ドストエフスキーも言ってる。

(ありがとう。マジで。あの時声を掛けてくれて、ありがとう。)

f:id:pecotaranta:20210715230834j:image

泉岳寺のコイン屋さんのオーナーに会いに行って、なんとなく話した。

「(わたしに向かって)鑑定が出来ないなんて言うなんて、彼に何ができるの?」って。

わかんない。

でも、会社は辞めるものだからね、って言ってくれた。

何年か前に悩んでることを話したら「Life is easyだよ」って言ってくれたことは、こころの中にしまって大事にしてる。

またシャンパン飲もうねって別れた。話せて良かった。

 

他にも、浜松町に行ったときに「サプラーイズ!」ってことで事情を話したら、「あんなに仲睦ましかったのに……。ていうかオークションのことで恫喝なんてしてないっすよね」って感じだった。

しかも、あれだけオークション同行が苦痛だのなんだの言ってたみたいだからわたしは欠席したのに、本人は行ってないみたいだし。

(隣で聞いてたマイメンが「仕事しろよなー」って呆れてたけど)

f:id:pecotaranta:20210715123234j:image

なかなか実家に顔を出さずにいたら、ママから「卒業祝いよ」ってバカラのグラスが届いた。

前の社長に退職の連絡をしたら「遂にご卒業ですか。おめでとう」って言ってくれた。

卒業かー、って。

ネガティブに考えるのは、あんまり良くないよね。

 

そして大事なみんな。わたしのことを全力で支えてくれてありがとう。 

(そして、続報を待て!)

 

いつかあなたのことをきれいさっぱり忘れて、顔も名前もわからなくなるその日まで、わたしもみんなも絶対に許さないんだから。

あなたを好きだったことなんて、一度も無い。

それだけは覚えていて欲しい。

さようなら。気持ち悪い。二度と顔を見たくない。

 

という訳で、こんなクソみたいな話はもうおしまい!!

ワクチンを2回打ってPCR検査を2回した話

f:id:pecotaranta:20210816175416j:image

コロナのワクチンを打った。

「打つ・打たない」という議論はあるけど、わたしの場合は仕事でもプライベートでも将来的に外国に行くことがあるかもしれないじゃない?

その時に陰性証明書うんぬんということになるだろうから、今のうちに打っといた感じ。

 

まだ今の会社に在籍してるにも関わらず、職域接種の権利を剥奪されてしまって困ってたんだけど、楽天の職域接種にねじ込んでもらえた。

さらに、わたしが住んでる世田谷区はなかなか接種券が届かなくて困ってたからありがたかった。

しかも相談した翌週に予約を取ってもらえて、マジ感謝。

(ちなみにお手配をしてくれた方は「モデルナアーム」になっちゃったから気をつけてくださいねって言ってくれた)

 

という訳で、楽天の職域接種でモデルナのワクチンを2回打った時の副反応なんかをメモってく。

f:id:pecotaranta:20210816175644j:image

 (1回目の接種は7月19日)

楽天の本社のある二子玉川まで行った。

二子玉川は今まであまり行く機会が無かったから、知らないところに行くみたいで楽しかった。

思ってたよりもうちから近くてびっくりした。

車ですぐだった。

楽天のクリムゾンハウス入り口からの誘導もスムーズで、感心した。

書類とIDチェックから、問診→接種まであっという間。15分待機して、終了。

二子玉川で晩ごはんを食べてたら、打ったところが熱を持って痛くなってきた。

熱はそんなに出なかったけど「ヤバいな」と言う感覚があったから、うちに帰ってすぐ、打たれたところと首の後ろにアイスパックを当てながら寝た。

5分おきくらいに喉が渇く謎現象は、副反応だったのかな。

その夜、寝てる時に一瞬熱が上がって悪寒がしたけど、マツキヨの鎮痛剤を6時間起きくらいに飲んで事なきを得た。

 

数日後にSMフェスが決まってたから色々怖かったけど、ちょっと腕が痛いくらいで他はなんともなかった。

 

自分用にメモがてらFacebookに書いたら、すでに外国でワクチンを打った人たちから、同じようなことを言われた。

  • とにかく水分をとり続けること
  • ゆっくりすること
  • 打ったところをとにかく冷やすこと

という3つのことを何人もの人にしつこく言われた。

マジかよ、と思いながら言うことをきいて冷凍庫にたくさんあるアイスパックで冷やした。

 

1週間後、左胸の上の方から脇の下あたりが痛くなって「乳がんカァ……」とか諦めてたんだけと、これは副反応だった。

リンパが反応しちゃってたみたい。めちゃくちゃビビったけど、4〜5日でおさまった。

(その間もアイスパックで冷やしまくった)

f:id:pecotaranta:20210816175648j:image

2度目の接種は8月16日。

ステッカーの下の「クリムゾンハウス」のスタンプがデカい。

恥ずかしながら、身分証明書をおうちに忘れてしまって、一度おうちに取りに帰った。

午前中はすごく混んでたのに、午後に行ったらスカスカだった。

予約は午後がおすすめかもしんない。

相変わらずスムーズだった。

ただ、並ぶ時に前後の人との間隔が気になる神経質な人はマジでやめた方が良いと思う。

 

(以下、私感)

世田谷区の人たちも楽天で受けさせてくれるようになったみたいだけど、なかなか予約が取れなかった勢としてはありがたいことなんじゃないかなって思う。

わたしも職域接種に入れてもらえなかったら、多分このタイミングで楽天に申し込んでると思うし。

それに対して文句言ってる人いるけど、みんな世田谷区に住んでる?

世田谷区は東京で1番人口が多くて、なかなかうまいことワクチンが行き届かないことを踏まえて欲しい。

わたしは楽天の職域接種には、ほんとに感謝してるから。

f:id:pecotaranta:20210816175653j:image

前回もそうしたので、帰りにシナボンシナモンロールを買って帰った。ついでにZARAホームも見てった。

気晴らしにランチして帰ろうかなって思ったけど、すでに腕も痛くなってきたし、途中で体調悪くなっても困るから急いで帰宅。

 

「今何してんの?」っていうシンガポールの友達に「今ワクチン打って、寄り道してるとこ」っつったら「お前さあ、ワクチン打ったばっかだろ?おうちかえりなさい」って叱られた。

 

相変わらず5分おきくらいに「喉が渇いた」と思うことがあった。

この時に水やお茶を飲みすぎると、後々腹パンで飲めなくなるから、舐めるみたいに水分をとった。

脳に「今飲んでるよ!」という指令が行くギリギリを攻めた感じ。

夜中に急に身体が冷たくなって「死……」っていう時があったけど、この真夏に羽毛布団を出してもらって時が過ぎるのを待った。

あれはなんだったんだろう。一瞬だけだった。

 

2日目は1日ダウン。やっぱり2度目の方が副反応がつらい。

そのあと体温は37.2度前後を行ったり来たりした。

普段平熱が低いせいで、この程度の熱で身体だけはダルかった。

熱はそこまで上がらないけど、びっくりするくらいの倦怠感。

打たれたところに一日中アイスパックを当てて、前回同様マツキヨの鎮痛剤を6時間おきくらいに飲んだ。

鎮痛剤が切れると軽く悪寒がして、熱も少し上がるからすぐわかる。

 

晩ごはんを食べて、友達と電話しながらトイレに宝塚の推しのフライヤーを貼ってる最中、何故か汗だくになったんだけど、そのおかげか熱が下がった。

ついでに寝る前にアイスも食べちゃったのが、良かったのかもしれない。

 

結局、ビビった割に特に重篤な副反応も出ずに終わった。

周りでは38度台の熱が出たり、翌日ぶっ倒れたりしてるから、自分は軽く済んで本当に良かった。

接種した人たちから1番よく聞いたのは「やたらお腹が減る」ってこと。

わたしも普通に食事は摂れていたのには、驚いた。

 

心配してくれた近所の友達に会ったら「さすが一番街の(アリアナ)グランデ。元気そうじゃん」ってめっちゃ笑われた。

「(水飲んだり冷やしたり)コツを掴んだわ!」って言ったら更に笑われた。

一番街のアリアナグランデ、舐めんなよ。

f:id:pecotaranta:20210816175915j:image

余談ですが、PCR検査も受けたりした。

1月に社内の同じフロアでコロナ陽性者が出てしまって以来受けてなかったし。

役者の友達は14回受けたって言ってて、プロじゃん、て。それくらい気軽に受けたいよね。

というのも、ちょっと銀座〜有楽町に用事があって、交通会館に寄ったら都のモニタリングのPCR検査をやってた。

“無料”の文字に惹かれたものの、初めは何か新手の勧誘かと思って不審がりながら近寄ったら、東京都のモニタリングってことだった。

陰性証明書は出ないけど、お手軽だから別にいいやって感じ。

ちょうどお盆に関西に帰ることがあったのと、この前出たイベントの出店者さんにコロナ陽性が出てしまったからちょうど良かった。

唾液で調べるタイプで、登録から唾液の摂取まで30分前後って感じ。

(タイミングにもよるだろうけど、渋谷はもっとスムーズで、15分もあれば完了だった)

 

結果まで2、3日ってことだったけど、わたしの場合は翌日に完了メールがきた。無事陰性。

メールに記載されてるアドレスにログインして、結果を見る感じ。

ちょっと手間かもしれないけど、無料だから文句言えないよね。

ここも、並ぶ時の人との距離が気になる人はやめた方がいい。

隣で検査を受けてた女性が終始ピリついてたけど、そんな文句があるならしかるべきお金を払って、自分が信用できるところでPCR検査を受けようね。

この時もらった都のマークが入った冷感タオルの長さがあったおかげで、アイスパックを上手に首やら腕に巻けたから、ありがたかった。

(隣の女性は「いりません」て言ってたけど)

 

chuo9.tokyo

検索してもやっぱり出てこなかったけど、中央区のやつ貼っとく。

この記事でも書いてあるけど、コールセンターに問い合わせてもいろいろと非公開みたい。

都内では渋谷・有楽町・新宿なんかで無料のPCRのモニタリング検査をやってるんだけど、無料なだけあって人が殺到しても困るから、詳しい場所のインフォメーションは無いみたい。

受けたい方がいたら、各種SNSでDMください。

Instagram/Twitter  @pecotaranta

 

みんな、気を強く持とうね。

ロシアクラスタがロシアとかロシアコインの本の話とかをするよ

f:id:pecotaranta:20210415083404j:image

コイン屋さんの中にはロシア文学を通ってる人もいて、まさか下見会場で「賭博者」の話が出来るなんて思わなかった。

また別の日に下見に行ったら上の写真の6冊が目の前に置いてあって、なんか嬉しかった。

「賭博者」は翻訳がリアタイで出て、1冊で読み切れる感じだったから手に取った。

相変わらず登場人物は多いし、最初の25ページは読みづらくてツラいけど、ジェットコースターみたいな後半の流れが大好きな作品。

f:id:pecotaranta:20210725001650j:image

「しんどいこと」とか「つらいこと」があると、無意識のうちにロシア文学の世界に戻ることがわかった。

多分、日常生活の中で最も「非日常」なことなんだと思う。

www.nhk.or.jp

今は学会の方からおすすめされた、教授のNHKラジオの聞き逃しのストリーミングを聞いてる。

内容は何度も聞いてることなのに、新しい気持ちで聞くことが出来る。

(しかも、教授の前の回は荒川洋治先生で、さながら学生時代を思い出す様だった。)

 

結局わたしはロシアクラスタなので、ロシアのこと専用にTwitterのアカウントを分けようかな、って思ってアンケート取るんだけど、結局「分けないで良い」みたいな結果になるからそのまま垂れ流してる。

一時期分けたことがあるんだけど、SNS特有の「気持ち悪いこと」が起きて削除した。

「もったいない」って言ってくれる人もいたけど、Twitterは掃き溜めみたいなもんだから気にしなかった。

だからみんなも気にしないでね。

フォローしてくれたてた方、ありがとう。

わたしは、ここにいるよ。


f:id:pecotaranta:20210415081653j:image

f:id:pecotaranta:20210415081648j:image

ロシアのコインが好きなのは、ロシアクラスタだからということもあるけど、単純に双頭の鷲とか帝政ロシアソ連のデザイン、それにまつわる複雑な歴史が好き。

これは大好きなロシアコインの一つ、1914年銘のガングート戦勝200年記念の銀貨。

通称「ガングート」は、四つの海図を双頭の鷲が持ってる。

学生の頃はロシア文学を学びつつも、プロパガンダ芸術を中心としたロシア・アヴァンギャルドが特に好きで、アレクサンドル・ロドチェンコにドはまりした時期もあった。

戦艦ポチョムキン」のポスターを製作したりした人。

(2019年のHeritageAuctionsで$108,000(inc/BP)で落札されてる)

あのまま進学していたら、ロシアのことを研究していたかもしれない。

だから今頃になって諦められなかった「ロシアの何か」について学んだりしてる。

そう思うことが免罪符、ということにしていてほしい。

 

( ロシアコインのことなんかについては、前の記事を読んでよね。)

pecotaranta.hatenablog.com

という訳で、みなさんが「こんなコインの書籍を持ってるんだぜ(ドヤア)」ってしてるのに乗じて、わたしもやることにした。

こちらの3冊は、わたしがものすごく尊敬+敬愛してるロシアコインの大家から譲って頂いた宝物。

いつか、なにかお返しが出来れば良いのだけれど。

いつも貴重なお話をしてくれるので、余計に申し訳ない。

f:id:pecotaranta:20210220142403j:image

「SPASSKY(スパスキー)カタログ」こと「The Russian Monetary System」

ヒマがあれば開いてるんだけど、長年の謎がとけたり、誰も教えてくれないようなことが書いてあったりする。

古代コインも載ってたりして、知りたいことがたくさん書いてある。

それより、こんな状態で残ってることがすごいし、こんなものを頂いてしまって本当に感謝しかない。

泉岳寺のコイン屋さんの本棚で見つけて「わたしもこれ持ってる!!」ってマジでキモヲタみたいなこと言ってしまったこと、反省してる。

f:id:pecotaranta:20210220142359j:image

帝政ロシアの銀貨だけのカタログ。

さながら「ESC(English Silver Coin Age)」のような青が美しい装丁。

ビニールがかけてあるけど、取扱いには注意してる。

f:id:pecotaranta:20210220142530j:image

いざ開いてみたら、初版で感激した。(初版本オタク)

しかも、スイスで刷られてる。

 

金貨ばっかり扱う会社に居たからかもしれないけど、やっぱり銀貨はいいよなって思ってしまう。

この前YouTubeライブで、見てくれてる25人くらいの皆さんに「金貨と銀貨どっちが好きですか?」って聞いたら、見事に分かれた。

f:id:pecotaranta:20210220142407j:image

補修あとも愛おしい、Denisカタログ。

こういう古い本は発行部数がそもそも少なくて、しかも現存部数となるとまた更に少なくなる可能性だってあるから、こうやって極東のわたしの元にくるっていうだけでも感激する。

本を頂くってことは思いを託されることだと思ってるから、いつも有難いと同時にプレッシャーを感じるけど、何か思いをつなぐってことは大事なことよね。

f:id:pecotaranta:20210415081937j:image

この前泉岳寺のコイン屋さんに遊びに行った時にトルストイのコレクションがおさめられてる書籍があった。

チャイコフスキーもコインを集めてたって。

みんな、アカデミックな趣味をひとつくらい持ってる。

 

「本は、大事だよ」っていつもここのオーナーが言ってる。

時間がある時は書籍を見せてもらうように、お願いしてる。

 

最後に、ロシア文学のお話が出来るお友達の、すごく刺さった言葉を置いとくね。

「あのときはそういう時期だった

ぼくにとって

陰影の濃い時代」

いつでもそんな話ができる人を、周りに置いておきたい。

 

みなさんに、コインの関係の素敵なご報告ができるまで今しばらくお待ちください。